ひむぶろ
2017/08 123456789101112131415161718192021222324252627282930 2017/10


--/--/--(--) --:-- スポンサー広告
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2016/10/07(金) 22:36 東方
易者襲来
どうも、毎度お世話になっています。

新種のゲームメーカー、すぱいきーです。

相も変わらず直前告知で申し訳ないです。

2016年の紅楼夢と、秋季例大祭に参加しますので、
今回はそれに向けて作った新作の告知です。

タイトルにもある通り、今作の主役はまさかの易者です。

そう、易者と言えば、東方鈴奈庵第4巻に登場したあの、易者です。

その類まれなルックスとキャラクター、インパクトで登場するやいなや、
同時期に公開された小傘ちゃんの特技披露回を差し置いて
話題を独占し、某人気投票で77位にまで上り詰めた、そう、彼です。

タイトルはそう、復活の易者です。

ジャケットがこちら↓

ジャケット表

内容はいつも通りシンプルに、
敵の弾幕や、妖怪巫女の攻撃を避けながら
ステージ上にある「嫉妬パワーアイテム」を集めて、幻想郷最強の妖怪を目指すと言うものです。
難易度的には、頑張ったらクリアできるといった程度ではないでしょうか。
少なくとも、投げ出すほどではないと思うのでどうぞご安心を。
頒布価格は500円です。

スペースは、紅楼夢がす-03b
例大祭がい-07aです。

サークル的にはウンザンマニアに続く、キャラクター推しのゲームになりましたね。
でも、カッコイイじゃないですか、自分の命を預けられるまでに術を高めるその努力値と才能、
霊夢の初手攻撃を難なく躱し、霊夢を前に余裕の自分語り、外の世界を知るその貴重な知識、
そしてその如何にも男の子魂をくすぐる、悪いルックス。
同時期に出てきたウワバミよりも、明らかに攻撃強そうなスタイルしてますし。
人気が出て然るべきキャラクターだと思うんです、個人的には。
そんな妖怪界のスーパースター・ダークホース、易者さんを是非この手で誰よりも早くゲーム化したい!
という、半分思いつきではあるものの、途中からかなりガチになった思いが籠もっております。

さぁ、イベントで易者の勇姿を見に行こう!
そして、是非ゲットしてくださいな。

お待ちしております。
スポンサーサイト

コメント:0 トラックバック:0

名古屋に突撃
コメント一覧
 
コメントの投稿
お名前
メール
URL
コメント
PASS
秘密 管理者にだけ表示を許可する
 
 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。